フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


“原子力”がとりもちフランスと日本が熱烈関係に!

フランスのアルノー・モントブール生産復興大臣(原子力も担当)は先週の日曜日(8月26日)、「原子力は将来性のある産業」と発言。マニュエル・ヴァル内務大臣もその翌日、「モントブール大臣の主張は正しい」と肯定した。
それに対し、欧州エコロジーみどりの党のドゥニ・ボパン国民議会副議長は、「現実とまったくかけ離れた態度表明」と批判。
社会党と欧州エコロジーみどりの党は連立の合意をしているが、原子力政策に大きな相違があることが明らかになった。

モントブール大臣の発言に先駆けて、フランスは日本に“原子力”外交を積極的にしかけている。今年5月20日のNATOシカゴ首脳会合では、ローラン・ファビウス外務大臣が玄葉外務大臣と会談。ファビウス外務大臣は、日仏関係を“これまで最高の水準に高めたい”との意向を示した。原子力・エネルギーに関しては、「フランスは2025年までに原発依存度を75%から50%に下げる方針に変更はなく、向こう5年間に一つ廃炉にする。日仏両国はお互いに高い技術水準にあり、原子力のみならず、省エネも含めエネルギー協力を実施していけると考える」との旨を述べた。

ファビウス外務大臣は、7月7日にアジア訪問の最初の国として日本を訪問。玄葉外務大臣と外相会談を行った。ここでも、「特別なパートナー関係」構築のための協力を実現したいと述べた。この協力で強い期待を示しているのは、環境・原子力を含むエネルギー分野。 “原子力を含む”の部分はフランスでは報道されたが、日本の外務省のホームページには記述されていない。また、フランスのレゼコー紙によると、「ファビウス外相は、『日仏“5年パートナーシップ”計画に来年署名する』と発表」したという。
ファビウス外相は、経済金融大臣時代に、巨大原子力産業アレバを創設(2001年9月)した人物でもある。

中国やインドよりも日本との経済協力を強化するフランス。その重要な目的は、“原子力”に関連しているのではないか。
日本に参入している有望なフランス企業のひとつに、自治体向けの下水道サービスなどを行う世界最大手の水道事業会社ヴェオリア・ウォーターがある。10年前に日本法人を設立し、広島では2006年から、京都は2009年から水処理サービスを供給している。今年2月には、広島と京都の排水処理契約を更新。松山では、日本では初の飲料司教旧契約を結んだ。
昨年、福島第一原発にフランスから提供された汚水処理システムは、アレバがヴェオリア・ウォーターと共同で開発された。ヴェオリア・ウォーターの汚水処理技術は、アレバが運営するラ・アーグの再処理施設やMOX燃料工場のあるマルクールなどの原子力関連施設で導入されている。

モントブール大臣の「原子力は将来性のある産業」は、日本との緊密な“原子力”パートナーシップを視野に入れた発言ともいえる。

NATO首脳会合での日仏外相会談

7月7日の日仏外相会談

レゼコー紙「ファビウス外務大臣が原子力協力を再開へ」

ルポワン誌「原子力、モントブールにとっては“将来性のある産業”」


福島第一原子力発電所:アレバとヴェオリア・ウォーターのシステムが、汚染水処理に貢献
[PR]
by k_nikoniko | 2012-09-01 23:27 | 原発・核
<< 女でクビをとる人はクビをとられない 木嶋佳苗を考える(3) >>