フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


イラク人医師らの報告会 in 福島

イベントのお知らせ

イラクから 福島へ
~ イラク人医師 フサーム・サリッヒ氏によるイラクの現実の報告会 ~

この度イラクから、子どもたちを診察してこられた医師をお招きすることになりました。
フサーム医師はイラクの小児白血病専門医で、現在イラクのバスラにある子ども専門病院で子どもたちの治療に当たっています。  
また、フサーム医師の元患者さんで、白血病から回復したイラク女性ザイナブさんも福島に来てくださることになりました。今はバスラ子ども専門病院で、子どもたちに勉強を教えています。
 
イラクは、アメリカ軍が1991年、2003年以降の攻撃で使用した劣化ウラン弾による被曝が深刻な状況になっています。現地では線量計も医療機器も十分ではありません。放射能の知識のない住民も
多いそうです。
フサームさんとザイナブさんのお話しを伺って放射性被害(被曝)について共に考えていきませんか。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。
                    
*セイブ・ザ・イラクチルドレン広島より、代表の大江厚子さん、通訳の中島健さんも同行されます。

◆日 時 : 2012年9月7日(金)18:30~20:30
◆場 所 : チェンバおおまち 3階 会議室
  福島市大町4-15  TEL 024-526-4533
◆ 参加費 :  500円 
◆ お問い合わせ:高橋(070-5095-3329)子どもを放射能から守る福島ネットワーク

★同じチェンバ大町三階の交流広場にてイラクのパネル展を開催します。是非ご覧ください。
[PR]
by k_nikoniko | 2012-08-23 11:21 | 戦争
<< イベントのお知らせ「イラクから... プルサーマル(使用済み核燃料再... >>