フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


フランスのフェミニズム論争をぼんやり見る

日本が地震と津波、原発事故で大変なときに、フランスではストロス=カーン元IMF専務理事の性暴力事件、いわゆるDSK事件を機に、激しいフェミニズム論争が展開されていました。
先日まとめて記事を読んだのですが、私にはまるで、宇宙ステーションぐらい遠いところの話のようで、ぼんやりしてしまった。

こんなときに、男女格差の問題など持ち出すな、と言われそうですが、今この日本で起こっていることが、本当に男女不平等とまったく無縁だと言えるのだろうか。
などと、思っています。

「なでしこジャパン」の快挙は素晴らしいけど、お祭り騒ぎ的な持ち上げ方(に違いない)には寒気がします。
安い給料で働きながらプレイするのは美談ではなく、この明らかな収入格差は性差別でしょう。
こう叫ぶと、ヒステリーだと言われかねないけど。

こんなときに、ではりますが、記事を翻訳したので(誤訳だらけだとは思いますが)、ご興味ある方はこちらです。

議論の発端となった記事は、フランスの人類学者イレーヌ・テリィの「メードの女性と経済人」。
それに反論したのが、アメリカの歴史学者ジョーン・W・スコットの「フランス流フェミニズム」。
ジョーン・スコットの記事に対する4人のフランス知識人の反論が「フランス流フェミニズム:弁護の発言」。
これに対するジョーン・スコットの「回答」。
さらに、「フランス流フェミニズムか新保守主義か」「フランス流フェミニズムなど存在しない」「DSK後:フェミニストの誘惑のために」とつづきます。


[PR]
by k_nikoniko | 2011-08-01 01:47 | ジェンダー
<< イギリス左派新聞論説委員の「原... DSK後:フェミニストの誘惑のために >>