フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
『道新』セクハラ認めずも始末書
at 2017-05-05 17:38
恵庭OL殺人事件の第2次再審..
at 2017-05-01 14:35
通信制中学の記録映画『まなぶ..
at 2017-03-24 11:54
元原発作業員が労災認定を求め..
at 2017-03-10 11:47
南スーダンPKO派遣差し止め..
at 2017-03-03 11:39
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


イラクの美しい風景

数日前、イラクの友人から、約30枚のイラク北部の画像が送られてきました。
山や川の美しい風景写真です。
イラクを映し出す画像といえば、戦争シーンや負傷者の姿など、悲惨なものがほとんどだっただけに、送られてきた写真に強く心を打たれました。
紛争でこれらの景観が失われた、と思っていたのですが、後日届いた友人のメールで、そうではないことを知り、ホッとしました。
彼女のメールには、「20年前に北部に行きました。とても素晴らしい地域で、川の水があまりにも冷たかったこと、スイカを川に入れたら数分で冷えたことを覚えています。いつも夏に訪れていました。最近北部を訪ねた人からの話しでは、そのままの美しい風景が残っているそうです。来年の夏には、家族で行きたいと思っています…」とありました。
彼女は、「日本滞在中に一番うれしかったのは、自由に安心して道を歩けたこと」と言っていました。
イラクに戻ってからは、父親か兄に通勤の送り迎えしてもらっているとのことです。
素晴らしい風景はかろうじて残っても、自由に安心して散策することはまだできない状況なのでしょう。
画像の出所を調べたのですが、よくわかりませんでした。
多くの方に見ていただきたいので、2点ほどアップロードします。

f0016260_1438744.jpg

f0016260_14384247.jpg

[PR]
by k_nikoniko | 2009-11-28 14:41 | 戦争
<< ル・クレジオ氏が語る先住民族 モロッコ美容の本 >>