フリーライター木村嘉代子のブログです。日々感じたことを綴っています。Copyright(C)2005-2016 Kayoko Kimura
by k_nikoniko
お問い合わせ:
k.kayoko.7☆gmail.com
☆→@に変えてください

最新の記事
こんな国際恋愛も…という話を..
at 2017-12-08 09:23
福島県大熊町の復興についての..
at 2017-10-24 20:00
南スーダンPKO自衛隊派遣差..
at 2017-10-06 08:58
”首はとられ”ないが社会を変..
at 2017-09-07 13:23
「南スーダンPKO派遣差止訴..
at 2017-08-15 08:46
ドキュメンタリー映画『まなぶ..
at 2017-07-19 09:38
3つのがんを発症した福島原発..
at 2017-06-28 11:38
南スーダンPKO派遣差止め訴..
at 2017-06-20 11:06
札幌の自主夜間中学が公立化か
at 2017-06-16 08:36
ルモンド紙より「南スーダンの..
at 2017-06-03 14:05
カテゴリ
全体
掲載記事(2011~)
掲載記事(2000~2010)
掲載記事(1991~1999)
掲載記事(1990以前)
ジェンダー
男と女
ひとりごと
フランス
イギリス
国際ニュース
社会問題
原発・核
デモ日記
戦争
歴史
メディア
カルチャー


サッカー
外部リンク
ライフログ
タグ
検索


幌尻岳の沢渡り

日曜日、幌尻岳に登ってきました。
といっても、取水ダムから幌尻山荘までの3キロほどです。
この間、沢渡りが15回ほど。
登山初心者向きではないのを承知で、連れて行っていただきました。
私が参加したのは、「日高山脈ファンクラブ」主催の「幌尻山荘排泄物人力運搬事業」。
つまり、「山荘にたまった人間の糞尿を汲み取って、それを担いで下山し、処理する」ための登山です。
幌尻岳は、「百名山」ブーム以来、登山者が急増。トイレの問題が深刻化しています。
以前は排泄物を山に捨てていたそうですが、それが生態系に影響を及ぼし、幌尻岳では土壌が汚染されているという結果が報告されました。
そこで、5年前から、有志の方々が年に3回ほど、排泄物を担いで下ろす活動が行われています。
この日は、札幌の「山のトイレを考える会」のメンバーも参加し、総勢12名。
お天気に恵まれ、みなさんのサポートのおかげで、私も何とか無事に行って帰ってくることができました。
はじめての登山ゆえ、ついていくのが精一杯で、風景を楽しむ暇もなく…。
山荘では糞尿の臭いに包まれながら(?)、1斗缶と4リットル缶にせっせと汲み取り、昼ごろには作業を終えて下山。
合計で1斗缶14缶、4リットル缶8缶、小便用のポリタンク1つの219kgを下ろしました。
2斗缶(20キロ以上)+自分の荷物を背負って下山する方々も。
こうした活動には、本当に頭が下がります。
そして、なぜ一般市民がこうした活動をつづけなければならないのかを考えると、憤りを覚えます。
山のトイレにかかわり、はじめて、山の環境汚染の悪化、管轄が複雑な国定公園の実態、営利だけを目的にした山のツアービジネスといった問題が見えてきました。
登山愛好家だけが解決すべき課題、とはいいきれないはずです。
山には登らなくても、山を見た多くの人が”美しい”と感動し、その壮大な姿を残して欲しいと願っているのではないかと思います。

エコバッグやマイ箸さえやっていれば、なんとなくそれで、「自分はエコ人間だ!」と責任を果たしている気の人もいるでしょう。
もちろん、エコバッグやマイ箸はやらないよりやったほうがいいです。
でも、お金を出せば簡単に買え、痛くも臭くもない行動で解決できるほど、環境保全はなまっちょろいものではありません。
悲鳴をあげたくなりそうな筋肉痛で、私はそれを実感しています。
[PR]
by k_nikoniko | 2009-08-18 00:15 | 社会問題
<< 9月最後の日 暑いっ! >>